TOPページ2021年の記事一覧 食べる系の記事一覧 > 「鮨 なんば 日比谷」で極上の鮨コースを食べてきた(ランチ)

「鮨 なんば 日比谷」で極上の鮨コースを食べてきた(ランチ)

鮨 なんば

⇒ 鮨 なんば 日比谷(食べログ)

食べログの東京寿司百名店に選出されていて、2021年10月現在は食べログの東京の寿司(鮨)ランキングで4位の『鮨 なんば』でお昼の鮨おまかせコースを食べてきました。

予約はかなり先までほぼ埋まっていて、予約を取るのは超困難なんですが、
Omakaseをチェックしていたらちょうどたまたま昼の席の空きが出ていたので急いで予約を取りました。


鮨 なんば

場所は「東京ミッドタウン日比谷」の3階にあります。席はお昼はカウンター9席のみ。


もちろん握りは全て目の前で店主兼大将の難波さんが握ってくれました。また、おつまみや握りのネタに包丁を入れて切ったり、最後の仕上げもほぼ全て目の前で難波さんがやってくれます。

昼も夜もコースの値段は同じで、食べログなどを見ると昼も夜も「おつまみ+握り」となっていて同じ日であれば品数やメニューも変わらないようです。


ちなみに、ここ「鮨 なんば」の握りは、ネタに合わせて、ネタの温度・シャリの温度・シャリの大きさ・シャリの握り具合を一番美味しく食べられるように変えていて、そこまでこだわって握られています。

大将の難波さんが、めちゃくちゃこだわったそのお鮨はまさに極上の美味しさでした。


「鮨 なんば」で食べた料理の内容(メニュー)

料理はおまかせコースのみとなっています。

※写真は全てクリックすると大きくなります。


・生ビール
生ビール - 鮨 なんば
とりあえずビール。


・イクラ
イクラ - 鮨 なんば


・タコ(茹で)
タコ(茹で) - 鮨 なんば
想定したよりかなり柔らかくて、濃厚と言っても過言ではない茹でダコ。この柔らかい食感のタコは初めて食べたかも。


・牡丹海老(生) (北海道増毛産)
牡丹海老(生) - 鮨 なんば
上にのってるのは海老味噌&海老卵&細かく砕いた海老の殻 の3つを混ぜてペースト状にしたもの。
プリプリで甘くて最高。上の味噌&卵&殻のペーストもプチプチで濃厚で少し香ばしさもあるような気がしてベストマッチ。


・きんきの煮付け
きんきの煮付け - 鮨 なんば
柔らかくて味がほんとに染みてる。そして、この汁が最高に優しくて美味しくて染みた。


・太刀魚の塩焼き
太刀魚の塩焼き - 鮨 なんば


・あん肝
あん肝 - 鮨 なんば
外側は切り除いて、本当に美味しい部分だけを切り分けて厳選されたあん肝。


・アワビ
アワビ - 鮨 なんば


・イワシ巻き(大葉とミョウガが一緒に巻いてある)
イワシ巻き(大葉とミョウガが一緒に巻いてある) - 鮨 なんば


・太刀魚とヒラメの骨からとった出汁のスープ
太刀魚とヒラメの骨からとった出汁のスープ - 鮨 なんば 
太刀魚とヒラメの骨からとった出汁のスープ - 鮨 なんば


・温かいお茶
温かいお茶 - 鮨 なんば
2杯目からはドリンクはお茶。


【ここから握り】


・白烏賊(白イカ)
白烏賊(白イカ) - 鮨 なんば
握り1貫目のイカ。細く包丁が入ってて食べやすく、そしてイカの味がより強く感じられて最高の1貫目。


・平目(ヒラメ)
平目(ヒラメ) - 鮨 なんば


・小柱
小柱 - 鮨 なんば
小柱も美味しいんだが海苔も炙りたてでこだわってる。


・細魚(サヨリ)
細魚(サヨリ) - 鮨 なんば
大将いわく、朝取れの新鮮なサヨリなんだが、これでも身が少し白く濁ってきてるとのこと。取れたばかりの新鮮なサヨリは身がもっと透明で透き通っていて、日によっては昼ならもっと透き通った状態のサヨリを出せることもあるらしい。ほんとは毎日透き通ってる身のサヨリをお客さんに提供したいがなかなか難しいらしい。


・秋刀魚
秋刀魚 - 鮨 なんば
脂がのってて厚みもあって最高。ほんとに良いさんま。


・鰹
鰹 - 鮨 なんば


・春子(カスゴ)
春子(カスゴ) - 鮨 なんば


・鯖
鯖 - 鮨 なんば
見た目も美しく、程よく脂ののった最高のサバの握り。


・のどぐろ
のどぐろ - 鮨 なんば
炙りのどぐろの手巻き。炙って甘い脂がよい具合に出てるのどぐろと海苔とシャリとアクセントのネギの四位一体が素晴らしい。


・やま幸から仕入れた青森八戸の延縄で取ったマグロ
やま幸から仕入れた青森八戸の延縄で取ったマグロ - 鮨 なんば


・赤身(マグロ赤身)
赤身(マグロ赤身) - 鮨 なんば
ネットリとして最高の味わいの赤身。


・中トロ
中トロ - 鮨 なんば
程よい、丁度良い脂ののりで最高に美味しい中トロ。


・小肌
小肌 - 鮨 なんば


・大トロ
大トロ - 鮨 なんば
このまさに最上級シャトーブリアンのような見た目だけでヤバイのがわかる大トロ。ネタもシャリも一番美味しい温度や大きさ握り加減で、口の中に入れると甘くとろける極上絶品の大トロだった。


・雲丹
雲丹 - 鮨 なんば
雲丹もいわずもがな、クリーミーで全く雑味の無い最高の雲丹。


・おむちらし(中は穴子飯)
おむちらし - 鮨 なんば 
おむちらし - 鮨 なんば 
おむちらし - 鮨 なんば


・おいなりさん(中は穴子飯に刻んだキュウリを追加)
おいなりさん(中は穴子飯に刻んだキュウリを追加) - 鮨 なんば 
おいなりさん(中は穴子飯に刻んだキュウリを追加) - 鮨 なんば


・玉
玉 - 鮨 なんば


 

コースター - 鮨 なんば 
本日のメニュー表 - 鮨 なんば


 

大将の難波さんがお客さんと話しているのを少し聞いていたのですが、その会話から、お鮨やお客さんに向き合う姿勢が真摯で素晴らしいなと思いました。

あん肝を切っている時に、外側の部分を切って除いているのを見た他のお客さんが「その切れ端は使わないんですか?」と聞いてて、
それに難波さんが「お客様には3万円以上の金額を払ってもらっているわけですから、本当に美味しい良い部分だけを提供したいんです。それだけの金額をもらっているからには、下手な料理や握りは出せませんから。 それに、下手な料理を出して、味の分かるお客様に、あそこは3万円以上払った割にはたいしたことなかったと思われるのは申し訳ない。」と言ってた。

またその後、
秋刀魚の握りに、難波さんがすりおろし生姜を乗せてる時に、すりおろし生姜の中に入ってる生姜の目立つ少し大きな繊維を横にどけていて、お弟子さんがすったようで、お弟子さんに、やんわりと生姜をする時には次から大きな目立つ繊維がなるべく出ないようにすって、目立つ大きな繊維があれば除いておくように言っていて、それを見たお客さんが、そこまでこだわるんですねみたいに言ってて、難波さんが「鮨が好きなんで、こういうところまでほんとに気になってこだわっちゃうんです。いつまでこの仕事ができるかもわからないし、明日死ぬかも分からないし、新型コロナにかかって味覚がなくなってしまうってこともあるかもしれないし、そしたらもうこの仕事はできませんから。だから、できるうちは1日1日、毎日最高のモノをお客さんに提供したいんです。それに、お客さん、皆さん写真を撮ってくださるんで、写真として残るなら、せっかくなら見た目も最高のものを提供したいですから。」みたいに言ってた。


大将の難波さんによる、こだわりにこだわった極上のお鮨はほんとに最高に絶品でした。そして、そのお鮨に真摯に向き合う姿も素晴らしかったです。

絶対また行きたいです。



お会計は1人で税込35000円でした。
安くはないですが、納得の極上絶品のお鮨だったので、全然妥当なお値段だと思います。
お会計 - 鮨 なんば


⇒ 鮨 なんば 日比谷(食べログ)


一応動画もアップしています。

⇒ 鮨 なんば 日比谷


 


記事作成日時:2021.10.31

【スポンサードリンク】


 このエントリーをはてなブックマークに追加



damebitoのほしい物リストです、何かください...(´・ω・` )。
⇒ damebitoのほしい物リスト(Amazon)



【スポンサードリンク】
⇒ Amazonへ
Amazon
⇒ 楽天へ

⇒ 楽天トラベルへ



⇒ コメント掲示板へ
※現在、コメントはリンク先の掲示板で受け付けています。

コメント