TOPページ2017年の記事一覧 食べる系の記事一覧 > 『おぐら』でチキン南蛮を食べてきた

『おぐら』でチキン南蛮を食べてきた

宮崎県延岡市の実家に帰省したので、
初日の晩飯は『おぐら 大瀬店』でチキン南蛮を食べた。

簡単に説明するとチキン南蛮のほぼ元祖であり、タルタルソースをかけた元祖がこの「おぐら」というお店なのだ。「おぐら」はのれん分け&チェーン展開で宮崎県内に複数店舗あって、最初にタルタルソースをかけたチキン南蛮をメニューとして出したのは宮崎市内にある「おぐら 2号店」とのこと。

そして諸説あるけど、タルタルソースをかけることを考案したのが「おぐら」グループ創業者 甲斐義光の兄である甲斐照幸氏だという話があり、この『おぐら 大瀬店』は甲斐照幸氏が延岡での1号店として立ち上げ、後に(延岡)おぐらチェーンとして分社化して社長となっているので、県内複数ある「おぐら」の店舗の中でも元祖に限りなく近いお店だと言えるかなと思います。

ちなみに延岡の「株式会社 おぐら」の本社の住所もこの大瀬店となっています。


注文したのはメニューは「ダブル南蛮(ライス付)と味噌汁」
デフォルトであるムネ肉のチキン南蛮とモモ肉のチキン南蛮の両方が食べられるやつだ。

そして、ムネ肉のチキン南蛮とモモ肉のチキン南蛮を交互に食べる。
まず、通常のムネ肉のチキン南蛮はムネ肉ながら柔らかくパサパサ感もなく
甘酢ダレとタルタルソースの相性がすごい良くて美味しい。
もちろんタルタルソース自体が抜群に美味しい。
チキン南蛮はムネ肉を美味しく食べるという趣旨もあるので、
程よく甘酢ダレを吸った衣でチキン南蛮全体がちょうどよいジューシーさになっているのだ。
モモ肉の方は、肉自体がさらにジューシになった感じでこれまた美味しい。

「おぐら」のチキン南蛮、宮崎に来たら一度は食べてみてくれ。

⇒ 『おぐら 大瀬店』(食べログ)

おぐら チキン南蛮 
おぐら チキン南蛮 
おぐら 大瀬店 


以下、参考記事やページ

⇒ 宮崎グルメ「チキン南蛮」必食の3軒。実はもともとはタルタルソースがなかった!?│観光・旅行ガイド - ぐるたび

⇒ チキン南蛮 - トリップ延岡

⇒ 全国区の人気メニュー発祥の地は延岡市 - 宮崎県季刊誌「Jaja」

⇒ 会社案内 | 味のおぐら (アーカイブ)


2017.06.05

【スポンサードリンク】


 このエントリーをはてなブックマークに追加



⇒「夢も希望もない」Tシャツ
⇒「夢も希望もない(白文字)」Tシャツ



⇒ コメント掲示板へ
※現在、コメントはリンク先の掲示板で受け付けています。

コメント